Connect Inc.

諦めていた
あの生活を、
もう一度。

私たちは、脳科学とAIが融合したBMI*
を使って脳と機械をつなぐことで、
脳卒中後の重度麻痺のリハビリの可能性を拡げ、
患者の希望の実現をサポートします。

*BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)は、脳科学とAIが融合した技術の総称です。

トップページ

Vision

脳が秘めている無限の可能性「可塑性」。
この脳の治る力「可塑性」を引き出す技術を通じて、
「⼀⽣治らない」とされていた重度⿇痺を治せる世界に貢献します。
Issues

脳卒中が4大疾病の1つで、25歳以上の4人に1人が発症するとも言われていることをご存知でしょうか。
発症後、一命をとりとめたとしても、片麻痺を主とする運動障害を抱えてしまうケースが多く、患者とその家族は離職や要介護など、さまざまな課題に直面します。QOL(生活の質)が大きく損なわれるだけでなく、将来に対する不安も抱えています。
一方で現在は、麻痺した手指に対する効果的な治療法は存在せず、患者の要望に応えることのできない、もどかしさとともに、少しでも早い解決が望まれています。

  • 患者のペイン
    人生の先行きの見えない不安
    患者のペイン
  • 医療従事者のペイン
    患者の思いに応えられないもどかしさ
    医療従事者のペイン

Technology

BMIで脳の「治る力(可塑性)」を引き出す
- 脳科学と先端技術の融合

Connect株式会社(以下、Connect)はBMI技術を応用し、脳卒中患者を取り巻く課題の解決と、QOL向上に貢献することを目指しています。

テクノロジー画像

Connectが開発する医療機器はBMI技術を応用し、傷ついた脳の活動を検出。
同時に麻痺した手指に装着したロボットを動かし、脳と手指をつなぐ神経回路の再構築を促します。
トレーニングを経て神経回路の再構築が進むと、患者はロボットを外した状態でも自分の意志で手指を再び動かすことが可能となります。

BMIによるリハビリの有効性画像

ウェアラブルセンサーを通じて脳波を計測するBMIが、脳卒中⽚⿇痺の運動機能回復に有効であることは、国際的にも様々な研究において証明されています。
Connectでは、慶應義塾大学理工学部牛場研究室との連携を通じてBMIの可能性を追求していきます。

About

Connect株式会社

Connect株式会社は、2018年5月に設立された、慶應義塾大学発スタートアップ企業です。
重度運動障害の治療実現をミッションに掲げ、ブレイン・マシン・インターフェースをコア技術とした革新的な医療機器の開発に取り組んでいます。

Contact